マイルさんぽ

権利の上に眠る者は保護に値せず…らしいですよ。

カナダの「ウィスラー」は海外スキー&スノーボードデビューにピッタリ!!アクセスも良く、世界一楽しいスキー場だった!



f:id:ochanobu:20171116144843j:plain

 

海外スキー・スノーボードと言えば、必ず最初に名前が出てくるのが

カナダの「ウィスラー・ブラッコム」

世界一有名なスキーリゾートと言っても過言じゃないでしょう。

 

ただ、ぶっちゃけて言うと雪質や広さは世界一では無いみたいです…。

 

それなのに世界中のスキーヤー&スノーボーダーを魅了し続けている、世界有数のスノーリゾート・Whistler(ウィスラー)の魅力をご紹介します。

 

バンクーバー空港から、ウィスラーの行き方【直行バス】

今回は個人手配旅行でしたので、ウィスラーまでのバスを色々と探してみました。

このウィスラー行きのバス代が結構なお値段で、120~140カナダドルです。

 

当時最安値だったのはパシフィックコーチラインでした。 

車内はお手洗い付きで、無料Wi-Fi付き。

移動時間が2~3時間かかるので、無料Wi-Fiは非常に助かりました。

 

1. コースの数が驚異の200以上!!初級者から超上級者まで楽しめる

 

f:id:ochanobu:20171107161148j:plain

コースマップを見てるだけで、ワクワクするほどのスケールです。

 

・コースの数は200以上

 

・最長滑走距離11km

 

・4つの氷河

 

・ボードパークも超充実!初級者から上級者まで遊べるアイテムあり

 

・ツリーランコースも豊富で、遊び放題

 

・天候が良ければヘリスキーも出来る!!

 

初級者にやさしいコースから、「ダブルブラックダイヤモンド」と呼ばれる超上級者コースまで、何でもあります。

 

年末年始に行ったので、世界中から物凄い人数が来ていましたが、スキー場が広いので「まわりを見渡しても誰もいない…」というコースもあったぐらいです。

 

あまりにも広すぎて、私達は5日間滑りまくっても全コースの3分の1ぐらいしか滑れませんでした(パークとツリーランばっかり行ってたせいもありますが)

  

2. 圧巻!!3つの世界記録をもつゴンドラ「PEAK 2 PEAK」

 

f:id:ochanobu:20171107170542j:plain

ウィスラー山とブラッコム山を繋ぐ、全長4.4kmのゴンドラ「Peak 2 Peak」

 

 

・4.4km区間中、3km支柱無しでケーブルだけでぶら下がっています。この距離が世界一。

 

2. 谷底からの高さが436m(世界一)

 

3. ウィスラーからブラッコムまで、リフト・ゴンドラ・リフトと乗り継いでいけるのですが、この距離が世界一。

 

 

 

f:id:ochanobu:20171107171145j:plain

ウィスラーからブラッコムへ移動中。どこを見ても絶景!

 

床が透明なガラスで出来ている、超スリリングなゴンドラもありました。スリルを満喫したい方は専用レーンがありますので、そちらに並びましょう。

 

ウィスラーに行くなら、必ずこのゴンドラに乗るべきです。感動しますよ!

 

3. 1番乗りで滑れて朝食ビュッフェまで付いてる「フレッシュトラック」は、超おススメ!

 

f:id:ochanobu:20171107180024j:plain

実際のフレッシュトラック体験レポート

f:id:ochanobu:20171109110537j:plain

フレッシュトラックは「ウィスラー・ヴィレッジ・ゴンドラ」で山頂に向かいます。

私達はチケットを前日に購入していましたが、当日でも赤丸のチケット売場で購入できるみたいで、当日に買っている人もいました。

 

ゴンドラが動き始めるのは7時15分からです。しかし雪が降った翌日などは、すぐに定員650名になってしまいます。

(ちなみに上の写真は朝6時で、先頭から10人目ぐらいでした)

  

f:id:ochanobu:20171109111854j:plain

コチラが6時30分の写真。7時前には定員オーバーになっていました。

 

雪が降った翌日は、早く並ばないと650名の定員に入れません。でもあまり早く並んでしまうと、待ち時間が寒すぎて確実に死ねます。

夜明け前のウィスラーは尋常じゃない寒さですので、気をつけましょう。

 

 

f:id:ochanobu:20171109112408j:plain

7時15分スタートでゴンドラ運航開始。

真っ暗な森の中をゴンドラで山頂に向かいます。

 

 

f:id:ochanobu:20171109112743j:plain

山頂のレストランに到着すると、みんな物凄い勢いでビュッフェの朝食を食べ始めます。

朝食ビュッフェの品揃えはイマイチ、かな?

味は…まあ普通でした。

 

 

f:id:ochanobu:20171109114132j:plain

だんだんと夜が明けてきました。天気が良いと、雲海と朝日も拝めます。

 

しばらくすると、レストラン内に鐘の音が響き渡ります。ゲレンデ整備が終了し、滑走OKになった合図です。

 

みんな、超ハイテンションでゲレンデに飛び出していきます。

 

f:id:ochanobu:20171109114325j:plain

ウィスラー・フレッシュトラックのまとめ

・ゴンドラ運行開始時間前(夜明け前から)ゴンドラに乗車可能。

 

・ウィスラー山中のレストランで朝食ビュッフェを食べられる。

 

・誰も滑っていないゲレンデを一番乗りで滑る事が出来る!

 

・フレッシュトラック券は先着650名のみ販売。

 

ちなみにフレッシュトラックの値段ですが、

2017年時点で22.95カナダドルでした。

 

ちょっと高いかなとは思いましたが、「朝食代+早く滑れる」と考えると、まあまあの値段じゃないでしょうか?

私達は毎日フレッシュトラック券を購入し、朝食を食べて朝イチから滑っていました。

 

前日の夜に雪が降ってれば、パウダー天国。降ってなくても圧雪直後の良質なグルーミングバーンを滑り倒せます。超おススメですよ!

 

4. 絶対に行くべき!!超絶景が広がるウィスラー山頂「ピーク・エクスプレス」 

f:id:ochanobu:20171110122603j:plain

 「ピーク・エクスプレス」リフトでウィスラー山頂に行くと 、絶景のカナディアンロッキーを360度見渡す事ができます。

 

もの凄い絶景なのですが、強風等で運休になってしまう事が多いのがネック。

私達の滞在中は、結局1日しか運行していませんでした。

 

 

f:id:ochanobu:20171110122743j:plain

どうですか?この行列!!

 

リフト運行開始の1時間以上前からパウダージャンキーが大行列!!

あまりにも寒い為、みんなで叫びながらウェーブとかして、リフト運転開始を待っていました。 

 

f:id:ochanobu:20171110123300j:plain

「ババババッ」と赤いヘリが飛んできました。

 

f:id:ochanobu:20171110123344j:plain

「どっかーん」と爆音が鳴り響き、リフト待ちの客は歓声を上げています。

 

「雪崩の危険性がある箇所を、ダイナマイトを使って人口雪崩を発生させているんだ」と誰かが言ってました。本当かどうかはわかりません。

 

 

f:id:ochanobu:20171110125810j:plain

そして、とうとうリフトが動き始めました。

 

 

 

f:id:ochanobu:20171110130353j:plain

上質なパウダーがキラキラ光っていて、そこを飛ぶように滑り降りていきます。パウダージャンキーが寒空の中、1時間以上もリフトに並ぶ理由が分かります。我先にパウダーを求めて絶叫しながら滑りまくり!

 

 

f:id:ochanobu:20171107125300j:plain

森林限界の上なので一面真っ白!どこでも滑り放題、山全体がスキー場です。

みんな本当に楽しそうに滑っています。私自身も、こんなに楽しい滑りは初体験でした。

 

 

f:id:ochanobu:20171110133718j:plain

ただし、一度転倒すると雪が深くて一人じゃ起き上がれない程です。マジで一生起き上がれないのかと思い、本当に焦りました。

 

 

山頂から滑ると「まるでヘリスキー?」というようなコースが滑れます(ヘリスキー経験が無いので、良く分かりませんが…)

「ピーク・エクスプレス」が運行している日に遭遇できたら、絶対乗ったほうが良いですよ。

  

 

 

5. ケタ外れな規模の「スノーパーク」は整備も完璧で、初心者から上級者まで満足できる!

 

f:id:ochanobu:20171117135857j:plain

 

・パークの広さだけで、東京ドーム約8.6個分

 

・ウィスラーに2個・ブラッコムに3個のスノーパーク

 

・40個のジャンプ台

 

・特に、BLACKCOMB MOUNTAINのパークは難易度が高い

 

 

 

レール・ボックス・テーブル等の種類も豊富で、テンションが上がります。

しかもエリアが広大なので、人が少なく待ち時間がない!

 

でも、調子に乗ってケガしないようにしましょう。

 

 

6. 自然との一体感が味わえる!ツリーランのコースがたくさんある

 

f:id:ochanobu:20171117152257j:plain

 

ツリーラン(Tree Run)とは、文字通り森の中を滑る事です。

日本ではツリーランOKなスキー場はまだ少ないですが、ウィスラーでは本当にドコでも滑り放題(もちろん自己責任)。

 

誰も滑っていないパウダーを見つけ、樹々の中を滑りぬけていく。

その時の浮遊感と爽快感は一度味わうとハマりますよ!!

 

ちなみにツリーランでは、防護クッションやコースを示す目印なんてものはありません。

海外で遭難やケガをしたら悲惨なので、慎重にチャレンジしましょう。

 

7. アフタースキーやナイトライフが充実!北米最高レベル

f:id:ochanobu:20171117165547j:plain

 

ウィスラーヴィレッジには、数多くのホテルやコンドミニアム、200軒以上のショップ、100軒以上のレストランやバーが集まっています。

 

f:id:ochanobu:20171118104605j:plain

 

ヴィレッジ内は、車の乗り入れが禁止です。

私が行ったのは年末年始だったからか、もの凄い人の数で銀座の歩行者天国みたいになってました。

外国人は、寒くてもお構いなしで夕方からテラス席で酒飲んで騒いでるし、イベントも開催していて本当にお祭り状態。メチャクチャ楽しい!

 

アフタースキーランキングでも「世界一」のスキー場だと思います。

 

f:id:ochanobu:20171117163642j:plain

 

食事については、節約するならスーパーで食材を買って自炊も出来るし、

格安店から高級店まで何でもある!という感じ。

ヨーロッパのスキー場と違って、ウィスラーのレストランはドコに行っても美味しかったです。

 

美味しくて人気があるレストランは、すぐに満席になってしまいます。

 

オープンテーブルを使えば日本語で予約できるので、早目に予約しておくのがおススメです。

 

ウィスラー ビレッジのレストラン | OpenTable

 

 

おまけ。今回もマイルで無料旅行!(ANAビジネスクラスとウェスティン宿泊)

 

f:id:ochanobu:20171107150517j:plain

 

羽田からバンクーバーまでは8時間50分、今回はANAビジネスクラスを利用しました。

年末は特典旅行の競争率が高いようで、今年は獲得できませんでした…。

しょうがなくANAマイルをANAスカイコインに変えて支払いました。

 

内訳として、ビジネスクラス使用で1人55万円。二人で行ったので110万円分のスカイコインを使いました。ウィスラーのウェスティンホテルに宿泊しましたがホテルもSPGポイントを使用したので、無料です。

 

ウェスティンはゴンドラ乗り場が近くて、ゴージャスなホテルなので本当に快適に滞在出来ました。超おススメです。

 

 

「何でそんなにマイルがあるんだよ」って良く聞かれますが、ちょっとしたコツをつかめば簡単にマイルを貯める事ができます。

 

コツコツ貯めながらマイルの情報収集をして、祭りが来た時に素早く大胆に仕掛ける!

ただそれだけで、ドカンとマイルを稼ぐ事ができますよ。

ochanobu.hatenablog.com