マイルさんぽ

権利の上に眠る者は保護に値せず…らしいですよ。

【富山県・立山山麓スキー場】日本屈指の豪雪地帯!首都圏から車で行くのは厳しいけど、飛行機で行けばラクチン!



f:id:ochanobu:20180219151912j:plain

首都圏に住んでいるスキーヤー&スノーボーダーにとって、富山県のスキー場は少し縁遠いですよね?

スノボ仲間から「立山山麓スキー場はヤバいらしいよ・・・」と聞いていて、昔から是非行ってみたいとは思っていました。でも実際には行った事がありません。

 

なぜなら、遠いから!です。

 

でも、「じゃあ飛行機で行けば良いじゃん!」という事で1泊2日で滑りに行く事にしました。

 

 

都内から3時間弱で行ける、富山の穴場スキー場!!

富山の立山山麓スキー場は、グーグルマップで調べたところ都内から高速を使って6時間くらいかかるみたいです。往復12時間、休憩を挟めば14時間ぐらいでしょうか?

想像するだけで恐ろしい…。

でも、飛行機で富山きときと空港に行き、レンタカーで行けば、

 

・自宅から羽田空港(15分)

・羽田から富山空港(65分)

・富山空港から立山山麓スキー場(45分)

 

合計で125分! 待ち時間などを考慮しても3時間ぐらいで到着します。 

 

「渋滞する高速道をイライラしながら運転して、到着してみたら駐車場は第8駐車場だった…」

なんて経験は誰でもあると思いますが、飛行機で行く穴場スキー場は超快適です。

 

飛行機代は貯めたマイルで行けば無料!です。

 

ANAマイルで行けば片道6000マイル・ユナイテッド航空のマイルを使えば片道5000マイルで行けます。

 

マイルの稼ぎ方や、マイル稼ぎにはどんなメリットがあるか?

興味がある方はこちらの記事を参考にしてください。

ochanobu.hatenablog.com

 

 

立山山麓スキー場のリフト券・割引クーポン情報!

f:id:ochanobu:20180219152312j:plain

 

 

立山山麓スキー場のリフト料金は、下記のようになっています。

大人 4,100円

シニア 2,700円

小学生以下 2,700円

 

 

  料金
大人 4,100円
シニア 2,700円
小学生以下 2,700円

 

上記は休日料金です。平均より少しは安い価格帯になっています。でも最近ロープウェーが休止になってしまったので、それを考慮すれば妥当な金額かも。

お金に余裕がある方にとっては、定価でも全然満足できるのかもしれません。

ただ、スキー場に行くバス代・レストランの食事代・レンタル代など、他にもお金がかかるので節約できるところは節約すべきですよね?

 

楽天トラベルの割引クーポンで、リフト代を節約する!

楽天トラベルではリフト券の割引クーポンが発行されています。ただ、時期によっては発行されていないこともあるので小まめなチェックが必要かもしれません。

ちなみに、スキー場周辺にある宿情報を距離別(近い順)に検索する事も出来るので、非常に便利です。宿によってはリフト券付きのプランもあって、食事代とリフト券代を足した金額と同額くらいで宿泊できる宿なんかもあったりしますよ。

 

立山山麓スキー場のリフト券割引クーポンを確認する!